ShopifyとのAPI連携にお困りですか?出荷の自動化は『はぴロジ』で簡単に設定可能です

Shopifyをご利用中のネットショップ様の中には、年々増える出荷の管理方法にお困りの方も多いと思います。
より効率的なEC運用のために、本日はレンタル型の通販カートシステムShopifyとのAPI連携についてご紹介します。

 

 

 

 


どなたでもShopifyとのAPI接続は簡単にできます

『はぴロジのシステムサービス』を利用することで、ShopifyとのAPI接続を行うことができます。
はぴロジは、【カート・モール・受注管理システム】と【WMS(在庫管理システム)】の媒介となることができるシステムを提供しています。

 

「Shopifyを始めたばかりで、小人数での運営中。発送が増えてきたけれど、物流面の改善方法がわからない。」
「スタッフが辞めてしまい掛け持ち業務が発生している。発送やデータの連携を自動化して対応を減らしたい。」

 

など、このような課題やお悩みをお持ちの方は『はぴロジ』へご相談ください。はぴロジのシステムを活用することで、Shopifyはもちろん、そのほかのショップやモールに応じて、データ変換にかかる対応コストや、システム連携にかかるコストを極小化し、 皆様の流通の選択肢を劇的に広げることが可能です。

 

 

 

はぴロジASIMSは、次期バージョンのクラウドシステムはぴロジlogiec<ロジーク>として、刷新いたしました。 「logiec」は、あらゆるECカートやECモール、受注管理システムとWMS(倉庫管理システム)などのあらゆるシステムをつなぎ、データ連携をシームレスに実現します。

 

 

 


Shopifyと商品マスタ、出荷指示データ、在庫データ、出荷実績のAPI連携をしましょう

はぴロジASIMSでは、Shopify側にある【商品マスタ、出荷指示データ、在庫データ】をAPI・CSVで連携することができます。また、発送が完了した際の【出荷実績データ】も同様にAPI・CSVで連携することができます。

 

API接続の設定には時間指定が必要です。API連携の設定を行うことにより、商品マスタの追加や変更、出荷指示CSVデータをアップロードするわずらわしさがなく、ボタン一つでアップロードが可能になります。

 

 

CSV連携においても、【商品マスタ、出荷指示データ、在庫データ】は、Shopifyからダウンロードしたファイルのまま、ASIMSへ取り込むことができます。発送が完了した際の【出荷実績データ】もAPI連携と同様に、Excelで編集や加工をせず、そのままASIMSへアップロードすることでShopify側へデータを反映できます。

 


無料で始める!システムを使ったAPI連携の解決方法

ShopifyとのAPI接続を『はぴロジ』で簡単に行うには、はぴロジのアカウント発行が必要となります。
月の発送数が100件までのスタートアップのネットショップ様は、はぴロジのシステムサービスを無料でご利用いただけます。ご利用がない場合には、料金の発生はございません。月の発送件数が101件以上~3000件までのネットショップ様は月額10000円でShopifyとのAPI連携はもちろん、『はぴロジのシステムサービス』をご利用いただけます。

 

売り上げが伸び、出荷件数が増えてもボリュームごとに、料金を設定しております。

 

 


API接続の設定方法は意外と簡単!

システムの設定と聞くと難しそうですが、意外と簡単にできます。
下記にて、Shopify連携用の操作手順を確認していきましょう。

 

 

Shopifyには2つのアプリ版が存在します。
■公開アプリ版
■プライベートアプリ版

 

 

どちらも、はぴロジの事前アカウント発行が必要となります。

 

 

■公開アプリ版の場合

 

1 Shopifyの管理画面にログインし、「アプリ管理」をクリック

 

2 画面上部のをクリック

 

3 「はぴロジ」を検索

 

4 検索で表示されたアイコンをクリック

 

5 詳細画面の「Add App」をクリック

 

6 はぴロジのログイン画面が表示され、画面にて「荷主コード/ユーザー名/パスワード」を入力

※ご不明な場合は弊社担当者までご連絡ください。

 

7 「Shopifyと連携する店舗を選択してください。」という表示を確認し、「連携」ボタンをクリック

 

8 「API は連携済みです。」という表示を確認

 

APIの連携完了!!

 

 

 

 

■プライベートアプリ版の場合

 

1 Shopify側で「プライベートアプリ」を作成

 

2 登録した「プライベートアプリ」からAPI情報を確認(API情報をメモしておくことがおすすめです)

 

3 「ADMIN API権限」の5つの項目の権限を変更

 

4 はぴロジの「ショップ別設定」画面を開き、2で確認したAPI情報を入力

 

5 はぴロジ画面の「外部API利用設定」からShopifyと連携をさせます。

 

APIの連携完了!!

 

 

どちらも【自動化】設定を行うことで、指定した時間・データを自動で取り込むことができます!!

 

 


いかがでしたでしょうか?APIを活用することで、皆様の新たな作業時間を生み出すことができれば幸いです。
→詳しくは、はぴロジヘルプウェブに掲載されておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

■Shopifyプライベートアプリ版ヘルプ

■Shopify公開アプリ版ヘルプ

 

 

 

デモ環境はあるの?もう少し知りたい!他のショップ等も連携もできる?

お問い合わせフォームや、セミナーからご連絡ください!
事前に「デモ画面や実際の動きを確認したい」等のご要望を頂けますと、
担当者からの操作説明や、利用方法の確認ができます。
一緒に日々の業務の効率化、自動化を進めて行きましょう!


 

 

はぴロジASIMSは、次期バージョンのクラウドシステムはぴロジlogiec<ロジーク>として、刷新いたしました。 「logiec」は、あらゆるECカートやECモール、受注管理システムとWMS(倉庫管理システム)などのあらゆるシステムをつなぎ、データ連携をシームレスに実現します。

 

 

ShopifyとのAPI連携にお困りですか?出荷の自動化は『はぴロジ』で簡単に設定可能です
トップへ戻る