EC ForceとのAPI接続も簡単にできます!はぴロジで単品通販・D2Cの出荷業務の自動化が可能に | はぴロジ

PICK UP

EC ForceとのAPI接続も簡単にできます!はぴロジで単品通販・D2Cの出荷業務の自動化が可能に

EC Forceを利用し、ビジネスの成長に合わせて物流のアップデートをご検討されているEC事業者様、記事をお読みいただきありがとうございます。はぴロジは、EC事業者様の状況に合わせてEC Forceはもちろん、他のカートやモールへの連携を同一のシステム内で管理ができるサービスを提供しています。

 

単品通販・D2Cの出荷業務の自動化に向けて、本日はEC ForceとのAPI連携についてご紹介します。

 

 

 


どなたでもEC ForceとのAPI接続は簡単にできます

はぴロジの新しいクラウドシステム「ASIMS」を利用することで、API接続を行うことができます。
ASIMSはあらゆるカート・モール・受注管理システムとWMS(在庫管理システム)の媒介となることができるシステムです。
システムを活用することで、データトランザクションコスト・システム連携コストを極小化し、皆様の流通の選択肢を劇的に広げることが可能です。

 

 


EC Forceと商品マスタ、出荷指示データ、在庫データ、出荷実績のAPI連携をしましょう

はぴロジASIMSでは、EC Force側にある商品マスタ、出荷指示データ、在庫データがAPI・CSVで連携できます。
また、ロジパートナー様からの出荷実績も同様にAPI・CSVで連携できます。

 

 

 

そのため、出荷の自動化が可能になります!

 

 

 

API接続の場合、時間を指定しておくと、日々のデータを自動で取り込み、円滑な出荷が行えます。

 

 

CSV連携においても、商品マスタ、出荷指示データ、在庫データは、EC Forceからダウンロードしたファイルのまま、ASIMSへ取り込むことができます。
また、ロジパートナー様からの出荷実績も同様に、Excelで編集や加工をせず、そのままASIMSへアップロードすることでEC Force側へ反映できます。

 


API接続をするにはアカウント発行が必要です

あらゆるAPI接続を行う際には、はぴロジのアカウント発行が必要となります。
はぴロジのことをもっと知りたい方は、こちらから資料をダウンロードすることができます。

 

 

実際にもっと話を聞いてみたい方は、こちらからお問い合わせいただけます!

 

 


EC Forceを利用した日々の出荷業務は自動化が実現できます!

EC Forceを利用した出荷業務に関しては、APIの時間設定をはぴロジASIMSでしておきましょう。
指定の時間設定をしておくことで、EC Forceからの出荷指示データを自動ではぴロジASIMSが取り込みます。
出荷指示はこれで完了です。

 

 

出荷指示を受け、倉庫が出荷の準備を行います。
倉庫にて出荷の準備が整い、出荷されると出荷実績データと在庫データが作成されます。
出荷実績データと在庫データは倉庫から自動ではぴロジASIMSに取り込まれます。
はぴロジASIMSに取り込まれた出荷実績データと在庫データは、API連携によりEC Forceへ自動で反映されます。
出荷実績と在庫をEC Forceへ反映させる工程はこれで完了です。

 

 

出荷業務の自動化のイメージはご確認いただけたでしょうか?
毎日出荷の際に確認していた時間や、パソコンでデータ編集をしていた時間は無くなります。
自動化することで、何も触らずに出荷業務を完了し、別業務を行う作業時間を生み出すことができます!!

皆様、APIの時間設定をどうぞご活用ください!

 

 

入荷業務に関しては入荷がある際に、はぴロジASIMSにCSVデータのアップロードを行います。
倉庫に合わせたデータ加工や、Excelでの編集はもう必要ありません。
Excelデータ加工や編集をせずにEC ForceからダウンロードしたCSVデータを、はぴロジASIMSへアップロードすることで倉庫に入荷を依頼できます。
「こちらのファイルを、はぴロジのこの場所へ取り込み、アップロードボタンを押してください」この一言で、どんな方でも入荷する際の登録ができます!

 


API接続の設定方法は意外と簡単です!

システムの設定と聞くと難しそうですが、今回も同様に簡単にできます!
下記にて、EC Force連携用の操作手順を確認していきましょう。

 

事前に、はぴロジの事前アカウント発行が必要となります。
はぴロジに関わる資料はこちらからダウンロードすることができます。

 

 

■EC Force接続の場合

 

1 EC Force側で以下に関する文言を設定してください。

①出荷指示を取得するステータス文言
(EC Force側で、はぴロジがデータを取得してもいいと分かる文言を設定します)

 

➁出荷指示を取得した直後に変更するステータス文言
(EC Force側で、はぴロジがデータを取得したと分かる文言を設定します)

 

 

③出荷実績を返却した後、変更するステータス文言
  (はぴロジからEC Forceへ実績が返ってきたと分かる文言を設定します)

 

2 1で設定した文言をはぴロジ「外部API利用設定」へ登録します。

 

3 同じ画面で商品マスタの取得日時も入力します。

 

4 最後に「保存」をクリックします。

 

API連携の設定が完了となります!
※【自動化】設定で指定した時間・データを自動で取り込むことができます!!※

 


いかがでしたでしょうか?APIを活用することで、皆様の新たな作業時間を生み出すことができれば幸いです。
不明点やご質問がございましたら、はぴロジまでご連絡ください!
オンラインセミナーで連携に関してのご質問もお待ちしております。

 

OMS機能としてネクストエンジンをご利用中のお客様はこちらの記事がおすすめです。

 

そのほかのカートでShopifyをご利用中のお客様はこちらの記事がおすすめです。

 

 

 

 

デモ環境はあるの?もう少し知りたい!他のショップ等も連携もできる?

お問い合わせフォームや、セミナーからご連絡ください!
事前に「デモ画面や実際の動きを確認したい」等のご要望を頂けますと、
担当者からの操作説明や、利用方法の確認ができます。
一緒に日々の業務の効率化、自動化を進めて行きましょう!


近よく読まれてる記事