佐藤 弘之(営業) | はぴロジ

セールスディベロップメント

佐藤 弘之

2017年12月入社。物流プロフェッショナルとして、EC事業者様・物流事業者様の双方に縦横無尽に提案をしていくはぴロジのザ・営業マン。

 
 

はぴロジ入社の前はどのような仕事をしていましたか?

物流現場で輸入商社のカスタマーサポート業務に従事しました。海外輸入食品の卸市場への配送手配が主だった業務で、出荷指示書の作成や配送手配などを担当しておりました。紙と電話とFAX、という業務の非効率さに対する当時の経験が、現在はぴロジで流通DX・物流DXを推進している原体験となっています。

 
 

現在はどのような仕事を担当されていますか?

EC事業者様と物流事業者様を繋ぐ役割として営業を担当しています。EC事業者様にとって最適な物流センターの提案、さらには事業成長を実現するための手段としてのASIMSの提案をしています。庫内業務の改善提案や、棚卸等のオペレーションの支援をすることもあります。

 
 

仕事のやりがいや、はぴロジで成し遂げたいことを教えてください

システム化することでEC事業者様・物流事業者様両方の作業が楽になる物流提案ができたり、はぴロジ導入後にイメージ通りの運用が実現したときにやりがいを感じます。物流とシステムのそれぞれの知識で構築していくDX後のオペレーションフローの実現や、「流通DX・物流DX = はぴロジ」と業界内で広く認知、多くの人にはぴロジのシステム利用をして頂くことがこれから成し遂げたいことです。

 
 

はぴロジの雰囲気や職場環境について教えてください

はぴロジはリーダー職層だけでなく、専門スキルで会社に貢献するプロフェッショナル職制度も導入されており、多様性のあるチームで課題解決をしていく職場環境です。また年2回、会社ビジョンを共有する場があり、全社員が常に同じ目標に向かって仕事に取り組めます。

 
 

これから参画される仲間へ一言お願いします

流通に新しい価値を創造する新しい物流サービスを、はぴロジで一緒に作っていきましょう!

 
 

採用情報TOPへ戻る